幻想的な夜。

未分類
07 /31 2017
昼から用事のついでに久々にバイクに乗った。

20170731164534865.jpg 

信号待ちがとにかく熱い。

アスファルトとエンジンの熱を直接感じる。

下からのジリジリが、バイクに乗っている実感をくれる。

どんな場所でも、本当の意味で一人を感じる機会は少ない。

家に一人でも外から誰かの声が聞こえるし、静まり帰った深夜でもSNSなどで常に誰かとの繋がりを感じる。

バイクは繋がりを一瞬でも全て断ち切ってくれる唯一の時間なのかもしれない。

ただ前を見て、風の音を聞きながら走り続ける。

好きな場所で止まり、気が向いた道を曲がる。

そんな自由が欲しくて走っているのだろう。


さて昨晩は仕事終わりで大田楽へ駆けつけた。

家から会場はかなり近いので、普通に観に行くこともできるが、昨年と今年は大田楽に参加している友人の勧めで席を取って観に行くことにしている。

最近部屋で眠っていた一眼レフを持って席へ着く。

毎年幻想的な世界観と、独特の音色が観客の心を踊らせる。

20170731165533d06.jpg 

まずは団体での舞い。

衣装も色とりどりでなんとも撮りがいがある。

20170731165644d03.jpg 

観覧席はみんなの息遣いが聞こえるくらい近いので、とにかく躍動感がすごい。

続いては獅子の舞い。

20170731165821e28.jpg 

黄色い黒のコントラストが非常に美しく、思わず何枚もシャッターを切ってしまう。

陰影がハッキリ出るのは一眼レフの特権だ。

20170731170035851.jpg 

激しく動く友人を撮った気合いの一枚。

笠も被っているのでかなり撮るのが難しい。

必死にシャッターをきった一枚。

201707311703262b6.jpg 

最後はピンクと花の衣装。

今年も楽しいひと時を過ごさせてもらった。

同じことをやっていても、毎年違う写真を撮ることができるに違いない。

来年も再来年も、友人が出ている限りは観に行きたいと思っている。


さて今日はお休み。

明日から頑張るためにもしっかり休んで英気を養おう。





石川県ランキングへ

07/30のツイートまとめ

未分類
07 /31 2017

小さな意地。

未分類
07 /30 2017
 意地っ張りというのは大切なことだと思う。

毎日の歴史小テストでも、毎日ほぼ満点の生徒、毎日ギリギリだが合格の生徒、受かったり落ちたりする生徒に、受からない生徒とまちまちだが、要は負けず嫌いで意地っ張りかどうかということが全てだと思っている。

1年からの積み重ねもあるだろうが、今更無いことを嘆いても仕方のないことだ。

無いなら無いなりに勉強して、あるようにすればいいしするしかない。

夏はそういう季節だ。

やった分だけ秋に爆発することになる。


戦国時代から江戸前期まで活躍した安楽庵策伝という人がいる。

201707301327132bc.jpg 

落語を基礎を築いたともいわれる僧だが、彼が書いた醒睡笑という笑話集にこんな話がある。

ある武士が宿に泊まり夜中までそこの亭主とワイワイ話し込んでいた。

さすがに申し訳なく感じた宿の亭主が、もう寝て下さいと布団を出そうとしたところ、私は長く旅をしてきた武士なので寒さ暑さにはめっぽう強い。

今日は冬だが着物1枚で私は大丈夫だと言って寝入ってしまった。

ところがその日は予想以上の冷え込みで、とても耐えられない。

だが布団はいらないと言ってしまった手前、今更欲しいとは口が裂けても言えないので、亭主を起こしこんなことを言った。

亭主よ、この宿に出るネズミは入れるときに足を洗わせたかな?

もし洗ってないならば、私の着物がネズミに踏まれて汚れるかもしれないので布団を出してくれと。

明らかにウソとわかるが、この意地の張り方にはあっぱれだ。

本音を言えばそのまま凍ってでも寒さに耐えるのが一番かっこいいと思うが、しんでも寒いからとは言わないところに意地を感じる。


さてこの夏彼らはどこまで意地を張り通すことができるか。

涼しいところで好きなだけ勉強できる環境があるだけでも恵まれているのは間違いない。

毎日ニコニコしながら通ってもらいたいものだな。



石川県ランキングへ

思い出せない。

未分類
07 /30 2017
昨日は久しぶりに9時前に帰れたので、テレビで放送していたジュラシックパークを観ていた。

来週ジュラシックワールドが地上波で初放送されるので、それに合わせて1もやってしまおうということらしいが、今観てもCGはなかなかリアルで内容もおもしろい。

やっぱり流行る映画にはそれなりの理由があるんだなと思う。

元々地下から発見された蚊の中の血液から恐竜のDNAを採取し、そこから恐竜を復活させるという物語だが、理論だけ聞けば現代科学をもってすれば現実可能なのではと思ってしまうところが、この映画が流行った理由かもしれない。


検索して少し調べてみたところ、ジュラシックパークの博士のモデルにもなっているジャックホーナー博士が、DNAから恐竜を蘇らせることは現代では不可能だと言っているらしい。

蚊から恐竜のDNAを採取することはかなり難しいからみたい。

20170729123511601.jpeg

なので彼は今、ニワトリなどの鳥を逆進化させて恐竜を復活させるという研究をしているらしい。

これが成功すれば、今僕たちの周りにいる鳥は未来の恐竜になっているということだ。

想像もつかないようなすごいことだし、成功すれば間違いなく人類の歴史に名前を残す偉業になるだろうが、映画の中でマルコム博士が言っていた、モラルに引っかかるようなことをしていいのかと思ってしまう。

天変地異によって絶滅した恐竜。

それをいたずらにこの世に引き戻すことは果たして人間に許された権利の一つなのだろうか。

もし本当にそれが実現するならば、考えるべきことだと思う。


そういえばこのマルコム博士役のジェフゴールドマン。

20170729124252fde.jpeg 

インド風の顔でかなりかっこいい役者さんだが、いったい何の映画に出ていたか昨晩両親と3人で考えていたが、いくら考えても出てこないので検索。

調べてみて、やっとザ.フライだということがわかった。

これもかなり昔に観たような気がするが、ストーリーの概要しか思い出せない。

奇跡的に家に封の被ったDVDがあったので、時間がある月曜日にでも観てみることにしよう。

201707291247013e2.jpg 

さて夏期講習4日目。

今日も頑張ろう。


石川県ランキングへ

07/29のツイートまとめ

未分類
07 /30 2017

思い出せない。

未分類
07 /29 2017
昨日は久しぶりに9時前に帰れたので、テレビで放送していたジュラシックパークを観ていた。

来週ジュラシックワールドが地上波で初放送されるので、それに合わせて1もやってしまおうということらしいが、今観てもCGはなかなかリアルで内容もおもしろい。

やっぱり流行る映画にはそれなりの理由があるんだなと思う。

元々地下から発見された蚊の中の血液から恐竜のDNAを採取し、そこから恐竜を復活させるという物語だが、理論だけ聞けば現代科学をもってすれば現実可能なのではと思ってしまうところが、この映画が流行った理由かもしれない。


検索して少し調べてみたところ、ジュラシックパークの博士のモデルにもなっているジャックホーナー博士が、DNAから恐竜を蘇らせることは現代では不可能だと言っているらしい。

蚊から恐竜のDNAを採取することはかなり難しいからみたい。

20170729123511601.jpeg

なので彼は今、ニワトリなどの鳥を逆進化させて恐竜を復活させるという研究をしているらしい。

これが成功すれば、今僕たちの周りにいる鳥は未来の恐竜になっているということだ。

想像もつかないようなすごいことだし、成功すれば間違いなく人類の歴史に名前を残す偉業になるだろうが、映画の中でマルコム博士が言っていた、モラルに引っかかるようなことをしていいのかと思ってしまう。

天変地異によって絶滅した恐竜。

それをいたずらにこの世に引き戻すことは果たして人間に許された権利の一つなのだろうか。

もし本当にそれが実現するならば、考えるべきことだと思う。


そういえばこのマルコム博士役のジェフゴールドマン。

20170729124252fde.jpeg 

インド風の顔でかなりかっこいい役者さんだが、いったい何の映画に出ていたか昨晩両親と3人で考えていたが、いくら考えても出てこないので検索。

調べてみて、やっとザ.フライだということがわかった。

これもかなり昔に観たような気がするが、ストーリーの概要しか思い出せない。

奇跡的に家に封の被ったDVDがあったので、時間がある月曜日にでも観てみることにしよう。

201707291247013e2.jpg 

さて夏期講習4日目。

今日も頑張ろう。


石川県ランキングへ

07/28のツイートまとめ

未分類
07 /29 2017

踏ん張り時。

未分類
07 /28 2017
夏期講習は今日で3日目。

1日3コマほど授業に入っているので、ほとんど休む暇もないくらいだがやはり生徒の前で話すのは楽しい。

熱いメッセージからくだらない話までたくさんあるが、子供たち一人一人のリアクションは違うし、学年によっても反応はまちまちだ。

自分が中学生だった頃の話も踏まえて話すこともあるし、シップスOBとして話すこともある。

実体験を含んだ話のほうがよりリアリティも出るし、子供たちも納得して聞くことができる。

例えば中3全員に行っている社会のテスト。

問題数も少なくはないし、ぼちぼち勉強しましたぐらいでは合格することはできない。

僕は当時から社会の特に歴史が好きだったので、特に苦にすることもなかったが、嫌いな生徒にとっては面倒なものになっているだろう。

それでも受験生はやるしかない。

不合格者もほとんどいないし、みんなきちんと勉強してそれを結果に結びつけてくる。

夏に基礎を固めておかなければ、それ以降は本当に取り返しのつかないことになる。

しっかりとそのことを生徒に伝えてあるので、当たり前のように合格する彼らはさすがとしか言いようがない。

だがまだこの時期になって自分に甘い生徒もいる。

両親に月謝を払ってもらい、テストまでしてもらっているのにその仕打ちはないだろうと思う。

自分に甘いなんて、この先何もいいことはない。

適当に言い訳して、何からも逃げる大人になってしまう。

中3の夏で、是非ともその甘えを取り除いてもらいたい。

歴史の知識がどうとか言うよりも、この夏は邪念や甘えを取り除く時期だと考えている。

20170728124442f84.jpg 

さて逃げることなく夏を乗り切った生徒たちにはどんなハッピーが待っているのか。

その幸せを感じるためにも、今は死ぬ気で机に向かってもらいたいな。



石川県ランキングへ

07/27のツイートまとめ

未分類
07 /28 2017

あの時の僕たち。

未分類
07 /27 2017
今日も昼飯食べながら数学を解いている。

20170727120633e7d.jpg 

少し行儀は悪いけど、このほうが時間の節約になるのでご愛嬌。

右手で書いて箸に持ち替えて食べるを繰り返していると、だんだんと脳がバカになってきていつの間にかボールペンでごはんを食べようとしている。

最近こんなことが多くなった気がしてならない。

メガネしてるのにメガネ探すのは日常茶飯事だし、逆にメガネしてないのに手で元の位置まで上げようとする。

自転車で来てるのにいつもの癖で駐車場まで行こうとしてるし、かなり脳みそがやばいことになっているのかもしれない。


そういえば朝仕事へ出かけるときに、母がだいぶ昔から家に置いてある棚の中を掃除していた。

ガラクタばかり出てくるが、その中から昔美大生に書いてもらったらしい2枚の色紙が出てきた。

201707271206404ce.jpg 

左が僕で右が弟。

98年と書いてあるので、僕が6歳で弟が3歳ってところか。

どちらかと言うとまだ弟のほうが多少面影があるように思う。

似てるか似てないかは置いておいて、まずなぜこんなに幸の薄い感じになってしまったのだろうか。

他人から僕たち兄弟を見ると、こんなにもうっすらとした感じに見えたのか、はたまたその美大生の絵のタッチが最初からこんな感じだったのか。

今となっては謎だが、やっぱり上手なので飾っておくことになった。

写真とはまた違い、絵には書いた人の魂がこもっている。

ましてや絵に魅了され、絵を極めようとしている人の作品ならなおのことだろう。

ケイコさんという方らしいが、今はどこで何をしているのだろうか。

もし会うことができたら、今の僕はどんな風に映っているのかもう一度書いてもらいたいものだな。



石川県ランキングへ

462462abc

石川県加賀市にある進学塾シップスの講師が若さと勢いで毎日更新しているゆとりブログです。
趣味はバイクに釣り、スノーボードに小説を読むことなど山のようにあります。
毎日の仕事や学校にお疲れの方は是非一度このブログを読んでみて下さい。
きっと少しだけ肩の荷が降りて、明日から明るく過ごすことができますよ!